リレーコラム

中野洋一


vol.55

2017/04/15

 春の季節、何か新しいこと始めませんか。

 

新年度になりました。春爛漫ですが、皆さんいかがお過ごしですか。

気分も一新で何か始められましたか。

私は、今年の1月から山のように積んでいた本を必死に読んでいくことを始めました。

毎月4〜5冊のペースで読んでいます。

切っ掛けは、ある本。

「こんなに、物はいらない」という会話を契機に、物が溢れる生活から卒業。

使わないものは、寄付したり捨てたりし、慎重に吟味した大切な物だけ残しての生活を始めた方の話。

そうすることで、自分にとって家族との時間が一番大切だという本当に大切なものが見え、またその周りの優先順位もきちんとつけられ、時間に追われていた生活から、大切なものを磨きながら積み重ねていく生活へ人生の価値観を大きく変える事が出来たという現在進行形の話。

非常に影響を受け、思い切って自分の部屋などを大掃除。

検討に検討を重ねたものだけ残し、あとは差し上げたり捨てたり。

その時に、大きな壁となったのが以前から好きで購入していた沢山の本。

読まずに手放すのは非常に忍びなく、それなら読んでからどうするか決めようと。

それ以降、時間を作って読書、読書。

活躍されている同世代のある女優さんは、忙しい中 年間700冊読んでいると、先日ふとテレビを見ているときに耳にし、それなら同じ忙しい私にも出来ると無性に自信が付き、更に読書に励むようになりました。

今まで買ったまま一度も一ページもめくったことが無い本を、読んでいると今までなぜ読まなかったのだろうと後悔すると同時に、今気付けて、今この本に出会えてよかったと思うようにもなりました。

委員會での議論、その為の準備、地元の行事への出席や市政相談、もちろん家族との団欒。さまざまある中で、時間を見つけてじっくり本を読んでいます。少しずつですがきっちり読んで、アウトプットばかりで空きスペースの多かった頭が段々満たされている感を味わっています。

読み始めるとなかなか楽しく興味深く、速度はゆっくりですがもっと読みたいという心を押さえながら読み進め、今月も5冊程度を目標に楽しもうと思っています。

あたらしい年度。ぜひ何か新しいことを始めてみませんか。

読書、絶対お薦めですよ!